和歌山県湯浅町


重要伝統的建造物群保存地区

Conservation district of traditional buildings

伝統と文化を紡ぐ町

醤油発祥の地としても知られる湯浅町は紀伊水道に面した温暖な風土と古代から開けた長い歴史に彩られた町です。
古くから市街地に広がる重要伝統的建造物群保存地区や、町の南北に延びる熊野古道を散策し、今に息づく伝統と文化を感じてください。


湯浅町は、熊野三山へと続く熊野古道の宿場町として栄え、熊野古道が唯一商店街を通る町としても知られています。交通上重要な位置にあった湯浅は、近世に 入り次第に商業都市として発展を遂げます。その核をなしたのは、なんといっても醤油です。 鎌倉時代、中国の宋で修行を積んだ僧が伝えた「金山寺味噌」か ら生まれたのが、現在の日本の醤油の始まりと言われており、紀州湯浅は「醤油発祥の地」と知られています。

白壁の土蔵、格子戸や虫籠窓など、醤油醸造の伝統を感じる家並みが残る東西約400m、南北約280mの一帯は平成18年に文部科学省から、「重要伝統 的建造物群保存地区」に選定されました。醤油醸造など商工業を中心に発展した町が今も地割を残し、近世から近代にかけての重厚な町並みが歴史的風致をよく 残す貴重なものと認められたのです。

素晴らしい自然と醤油の香り漂う湯浅の町は懐かしく、そして今も力強く伝統と文化を発信し続ける町なのです。

伝統的建造物群保存地区の概要


保存地区は旧市街地の北西に位置し、東西約400m、南北約280m、面積にして約6.3ヘクタールに及びます。
16世紀末期頃に開発されたといわれる北町鍛冶町、中町、濱町を中心とする醤油醸造業が最も盛んであっ た一帯にあって、『通り』と『小路』で面的に広がる特徴的な地割と、醸造業関連の町家や土蔵を代表とする近世から近代にかけての伝統的な建造物がよく残さ れている地区です。
醤油醸造など商工業を中心に発展した湯浅の町並みは、その重厚な歴史的風致を今日によく伝えていることから我が国にとって価値が高いと評価され、平成18年(2006)12月19日に全国初の醤油の醸造町として、国の『重要伝統的建造物群保存地区』に選定されました。
(写真は北町区)


住まいの特徴

◆厨子(つし)二階と本瓦葺

明治頃までは厨子二階と呼ばれる低い2階建で2階部分は物置や使用人部屋でした。
年代が新しくなるにつれて建ちが高くなり、やがて総二階となります。
屋根瓦は本瓦葺の伝統が大正期頃まで強く残っています。

◆虫籠窓(むしこまど)

近世~近代初頭頃の建物の2階に見られる窓で、格子を漆喰で塗り籠めています。
単純な四角形か木瓜(もっこう)型に分かれますが、周囲に額縁を施した重厚なものなど、様々なデザインがあります。

◆幕板(まくいた)

庇の軒先に下げられている木製の板を幕板といいます。
これは、雨水や霧状になった雨粒が屋内に吹き込むのを防ぐためのものです。
降水量の多い地域ならではの意匠上のポイントでもあります。

◆格子(こうし)

古くは、トオリニワ横のミセには取外し可能な高さ3尺程度の手摺状の格子、ミセオクの表には繊細な切子格子が建て込まれています。
大正期以降になると長大な出格子が多く見られるようになります。


伝建地区内の施設

◆湯浅まちなみ交流館(湯浅町湯浅444番地)

建物は所有者からの寄付を受け、敷地は地元住民団体「北浜町街づくり委員会」からの寄付金を充て湯浅町が取得し、文化庁の補助事業により改修しました。観光客のおもてなし施設として地元住民団体が運営しています。

・開館時間:午前9時半~午後4時半
・休館日:水・木曜日、年末年始

◆岡正 おかしょう(湯浅町湯浅37番地)

江戸末期頃に建築された町家で、『岡正』という屋号の酒屋でした。
現在は町並み散策の休憩案内所として改修しました。

・開館時間:午前10時~午後4時
・開館日:土・日・祝日

◆甚風呂 じんぶろ(湯浅町湯浅428番地)

幕末から昭和の終わりまで営業していた銭湯です。個性的な外観と建物内部を保存・復元し、古民具などを展示して歴史民俗資料館として公開しています。

・開館時間:午前10時~午後4時
  (平日正午から1時まで閉館)
・休館日:水曜日、年末年始
 (水曜日が祝日の場合はその翌日)

◆北町ふれあいギャラリー(湯浅町湯浅47番地の6)

空き家となっていた明治時代の建物を、町並み散策の休憩所を兼ねたギャラリーとして活用しています。
絵画、写真、陶芸、手芸などの作品を月替わりで展示しています。

・午前9時~午後5時
・休館日:水曜日、年末年始
 (水曜日が祝日の場合はその翌日)

◆北の町老人憩の家(湯浅町湯浅709番地の2)

平成22年度に土蔵のような外観に建替えて、地元住民や来訪者の方々に幅広く活用してもらうための多目的スペースやトイレなどを整備しました。
また、耐震性の防火水槽や防災資機材の収納庫を備え、災害時には一時避難所として利用できます。

◆伝建地区来訪者駐車場

伝建地区来訪の際、ご利用ください。
(北の町老人憩の家となり)

駐車台数:6台
すぐ近くに湯浅町観光駐車場(無料)もあります




↑PAGE TOP